まじめな葬儀屋日記 | お葬式のアデューは和歌山で一番の低価格で直葬や火葬式・福祉葬・生活保護葬・家族葬・友人葬など低価格でお葬儀をします。7万円(税別)〜

お葬式のアデュー 和歌山
費用負担の少ない直葬・家族葬
ブログ
2016年01月07日 [アフターケア]

和歌山市役所でアフターサポート

平成28年1月7日(木)

今日は、年末に施行させてもらったM家さまと和歌山市役所へ行ってきました。

ご安置


お葬式が終わってからの手続きが色々あるのをご存知ですか?

会社勤めのときはここまでお手伝いすることはありませんでした。
私が、お客さまと市役所に行くようになったのは、ご精算のときにお客様から市役所の手続きのことを聞かれてもはっきりとお答えできなかった自分が、プロとして恥ずかしかったのがきっかけでした。

M家さまの場合は、最初に和歌山市役所東庁舎1階の
市役所

保健総務課へ行き「後期高齢者医療保険喪失手続き」と「葬祭費の支給申請」の手続きをしました。
次に同じ東庁舎の2階介護保険課へ行き「喪失の手続き」をしました。
その後に、国民年金の受給者が死亡されたので市役所1階の国保年金課➉番窓口に行き、和歌山東年金事務所に提出する書類の説明を聞いて(住民票・除票・戸籍抄本・所得証明・・等)準備しました。

個々によって他にもしなければいけない手続きがありますのでご注意下さい。
今日のM家さまは、本籍が和歌山市でなかったので後日また和歌山東年金事務所へ手続きに行きます。
これだけでも二時間ほどかかりました。
これだけの手続きを、もしご高齢者の方がお一人でするのならば大変なことですよね。

市役所に必ず持っていくものです。
・申請者(喪主さま)の印鑑
・申請者(喪主さま)の口座通帳
・申請者(喪主さま)の本人確認できるもの(運転免許証・保険証など)
・亡くなられた方の保険者証
・埋火葬許可証(もしくは死亡診断書)
・会葬礼状(もしくは喪主さまの名前がフルネームで載っている葬儀費用の領収書)

それと今年から「マイナンバー」が必要と言われました。


和歌山で『福祉葬・家族葬・友人葬・火葬式・直葬』を低価格でご提案いたします。
生活保護葬もお任せ下さい。


老後を安心して楽しく暮らすのに困っている、終活のことお葬式に関する不安や疑問など
お話しませんか?お気軽にご連絡してください。


厚生労働省認定 葬祭ディレクター審査協会 1級葬祭ディレクター 番号 98-1-0537 取得  
一般貨物運送事業(霊柩運送に限る)近運自貨第61号 近畿運輸局許可 取得




  • Facebook
  • Twitter
お問合せフォーム

PageTop